汽水域 Ki-sui-iki

ローカルとオルタナティブ 浸透し混じり合うところに生まれる生態系

【おんな城主直虎】(37)もろく儚いしあわせ

第37回「武田が来たりて火を放つ」という副題は、金田一耕助シリーズ「悪魔が来たりて笛を吹く」から。

 

3年の月日が流れ、おとわは龍雲丸とともに瀬戸村で暮らしていた。堺へ移った中村屋から龍雲丸に誘いがあり、おとわは龍雲丸とともに堺へ行く決意をする。そんな折り、遠江に武田軍が襲来。家康は大敗を喫し、近藤は井伊谷で籠城を決意。おとわたちは戦を避けるために策を巡らせ奔走する。

 

超高速三方原の戦い

元亀3年(1572年)、武田信玄松平健)は遠江へ侵攻し、三方原の戦いで徳川家康阿部サダヲ)を完膚無きまでに打ち負かす。この頃、上方では織田信長市川海老蔵)と不和になった将軍・足利義昭が裏で糸を引く信長包囲網が信長を苦しめており、信玄の西上作戦もこの動きに呼応したものとされている。しかし、そのような高度な外交戦など、おとわ(柴咲コウ)とその周辺の人々の知るところではない。

 

古くから関東は京都に対して独立の気風があり、室町時代以降も鎌倉の関東公方を中心とした独自の秩序があった。駿河の今川氏は京都側が関東の抑え役として配置したとといわれており、越後の上杉氏も関東管領守護代出身だ。同じように甲斐の武田氏も狭義の関東ではないものの、その周縁にある大名として関東の秩序の惑星のような存在であり、京都の政略とは縁が薄かった。

 

その武田氏が京都への上洛を目指すというのは、ある意味では、戦国大名の分国支配が成熟し飽和してきたことによって群雄が地方に割拠する時代が終わり、日本列島すべてをひとつの天下とする大大名同士の戦いの時代に突入したことを表しているのだろう。つまり、直虎が目指してきたような井伊家の自主自立が可能な時代では無くなってしまったのかもしれない。

 

劇中、織田の援軍が来ないことにしびれを切らした家康は、武田側に寝返り信長包囲網に加わることでの生き残りも模索する。戦を避けることを最上として知恵を働かせる家康らしい策だが、すんでのところで織田の援軍が到着してしまい、流されるように武田軍との戦闘に臨むことになる。天下を俯瞰しコペルニクス的展開プランを立案できる家康の天才的発想力は、のちに彼を天下人に押し上げることになるのかもしれないが、今のところは宝の持ち腐れになってしまっている。

 

後世には、家康は信長の忠実な盟友であったとされ、それが豊臣政権下での彼の確固たる地位を形成するのに大いに役立つのだが、あくまでもそれは結果論で、織田と武田という強国に挟まれた家康は、常に裏切りという選択肢も視野に入れながら厳しい選択を強いられ続けていくのだろう。

 

そして、家康が勝ち目の無い戦を仕掛けたのは、彼自身が弱い立場で虚勢を張って強いリーダー像を演出しなければならなかったからかもしれない。それは、背後にいる信長に対してでもあり、武田への寝返りの恐れのある遠江の新参家臣に対してでもあり、はたまた、身内のように見えていまだによそよそしい三河武士団に対してでもあるかもしれない。

 

理知的で計算高い西国の武士に対して、東国の武士は理屈抜きの強さを好む。上杉謙信が自ら先頭に立って敵陣に斬り込んだというのも、そうした東国的性格を表しており、決して伝説とは言い切れないという。

 

徹底的に戦を避ける家康だが、いざ戦となると人が変わったように無謀な勇気を見せる。幼い頃から人質として愛を知らずに成長した彼の潜在的な自殺願望がそうさせるのかもしれない。しかし、このことも彼が天下人となることを助けた資質のひとつだっただろう。

 

あやめの結婚

薬の行商に身を転じた瀬戸方久ムロツヨシ)は、あやめ(光浦靖子)の刺繍の腕に惚れ込み結婚を申し込む。方久はあやめの刺繍に銭のにおいを嗅ぎ取ったのだが、それがどうして一足飛びに求婚ということになるのか常人には理解が難しい。若い頃、奴隷のような身分に身を落とし、そこから銭の力で這い上がった方久の特殊な価値観によるものとして思えない。

 

この物語には、幼少期のトラウマのために奇異な行動をする人物ばかりが登場する。彼らには悲劇の陰がつきまとうが、それは外部の要因によるもので彼らの責任ではなく、むしろ、彼らの行動は不器用だとしてもすべてが愛らしい。

 

ともかくも、おとわが直虎として井伊の領主を降りる際にただひとつやり残したあやめの嫁ぎ先にも片が付いた。おとわは晴れて自由になれたのだ。

 

あやめの新野家はもともと遠江に所領を持つ今川の有力な家臣で、今川に井伊の目付を任じられるとともに政略結婚で井伊家の縁戚となった。おとわの母・祐椿尼(財前直見)とあやめの父・左馬助(苅谷俊介)が兄妹であることから、おとわとあやめは従姉妹にあたる。

 

しかし、遠江の内乱で左馬助が戦死したことから新野家は没落。あやめら姉妹は井伊谷に身を寄せることになる。

 

妹たちが先に嫁いであやめがいき遅れたのは、不器量のためではなく彼女が男子のいない新野家の跡取り娘だったからだ。その意味では、井伊家におけるおとわの立場とよく似ている。コメディーリリーフ的な役回りを引き受けてきたあやめだったが、実はおとわの心情を一番理解する立場にあったのかもしれない。

 

あやめが方久と結ばれたことで、新野の家名は消えることになった。本来であれば、主家である今川家が率先してあやめにしかるべき婿を取らせて新野家を再興すべきだったが、今川の態度はひどく冷たかった。

 

あやめが新野の家を捨てることができたのは、井伊家の再興をあきらめた直虎の判断が影響しているかもしれない。井伊家が再興を目指すならば、それを支えるために新野の家を残していかなければならない。そして、同じ跡取り娘として直虎のためにあやめも頑張らなければならなかった。しかし、井伊家が無くなるのなら、新野の家も必要無い。あやめは自身の人生を家ではなく自分のために使うことができるようになった。

 

これも時代と井伊家を取り巻く環境の大きな変化を表すトピックのひとつなのだろう。

 

再び乱世へ

武田軍の襲来は、新しい秩序にようやく馴染んできた井伊谷の人々にも試練を突きつける。

 

新領主の近藤康用橋本じゅん)は武田に対して籠城での徹底抗戦を選択。民を徴用した総力戦で井伊谷焦土化するこも辞さない構えだ。それに対して、井伊の民は村を捨てて逃散することで対抗する。

 

南渓和尚小林薫)は井伊谷を守るために近藤を武田に降らせようと工作し、近藤に仕える直之(矢本雄馬)も裏切りを辞さない覚悟で和尚に協力する。

 

一本気な近藤は付き合ってみると悪い人間ではないが、戦争というのは善意の人々の間を引き裂いてしまうものだ。

 

そして、高瀬(高橋ひかる)が武田の間者であったことが判明する。もしも、直虎が井伊の当主であれば、直虎暗殺の命を受けていたかもしれない高瀬がどういう心情で井伊家の面々に接していたかは分からない。ただ、近藤が領主になってからも館への奉公を希望したことなどから、間者としての使命をずっと忘れてはいなかったのだろう。結局、誰にも知られぬまま近藤の暗殺を試みて失敗した高瀬だったが、このとき彼女が心に傷を負ったはずで、戦後、元通りに暮らしに戻るのは難しいのかもしれない。

 

そして、龍雲丸(柳楽優弥)とともに堺へ行くことを決意したおとわだったが、武田の襲来で再び井伊谷を守るために奔走する役回りに引き戻される。それが、彼女の逃れられない宿命なのかもしれない。

 

今川の世の後に来た徳川の平和も破れた。人々が順応しようと必死に努力をしてきた新しい秩序も転覆して、また次の乱世が来る。その渦中に再び巻き込まれたおとわたちは、どのようにこの危機を乗り切っていくのだろうか。

 

【おんな城主直虎】(36)永禄12年のパクス・トクガワーナ  

 

第36回「井伊家最後の日」では、おとわに戻った次郎が龍雲丸と結ばれる。

 

遠江に平和が戻った頃、しのの再嫁先の松下家から虎松を養子にしたいという話が舞い込む。南渓に諭された次郎は井伊家再興を諦めることにする。これに反発した虎松や家来たちも、やがて受け容れ、それぞれ新しい人生に踏み出す。次郎は還俗しておとわとして龍雲丸と結ばれ、瀬戸村で暮らし始める。

 

国を持たない民族として生きる

今川が滅び、遠江徳川家康阿部サダヲ)の治めるところとなった。直後から駿河を奪った武田との冷戦が始まっているが、氏真(尾上松也)の舅にあたる関東の北条氏康(鶴田忍)が越後の上杉と結んで背後から牽制をしたため武田は身動きがとれず、表面的にはひとときの平和が訪れた。

 

天下を見れば、織田信長市川海老蔵)が事実上の覇者の座にのし上がっていた。前年に足利義昭を奉じて上洛し、義昭を将軍に就けると、伊勢、近江、畿内を平定し、周辺の大名に上洛を促していた。信長包囲網との苛烈を極めた戦いが始まるのはもう少し先のことで、嵐の前の静けさのような年だった。

 

しかし、そんな情勢も聞こえて来ないほどに次郎法師柴咲コウ)とその周辺の世界は天下の隅にあってとても狭い。

 

ここでは、今川がひとつの国家だったろう。その巨大な今川が滅びたことの安堵感と喪失感が次郎法師にまつわるすべての人に漂っている。今川が滅びる際の動乱はあらゆる秩序がひっくり返るときだった。次郎と政次(高橋一生)はそのチャンスに井伊家の復活と自立を賭けたが、あえなく敗れ去った。そして、井伊谷を手に入れたのは、同じくこの機に戦国武将としての夢を賭けた近藤康用橋本じゅん)だった。今川が倒れ徳川の平和が実現した今となっては、次に秩序が破れる機会がいつ訪れるのか誰にも分からない。誰も口には出さないが漠然と、井伊家再興の夢は断たれたように思っていただろう。

 

そんな中、井伊家最大の仇敵であった近藤の態度が軟化する。中野、奥山ら井伊家の重臣を召し抱えてもいいと言う。この戦役で武将としては致命的な怪我を負ったこと、次郎たちの看護によって奇跡的な回復をしたことなどが、近藤の心に大きな変化をもたらしたのだろう。

 

この提案はひとつの転機になった。武士の言う「御家」とは家臣と領地とで成る。それらが削げ落ちて当主とその血筋だけが残るのは、リアルな血肉を欠く朱子学的な虚像に過ぎない。当主は家臣と領民を守るためにあり、だからこそ家臣領民は領主を支える。特に次郎にはその思いが強かったはずだ。領民の暮らしが守られ、家来の仕官先が決まるのであれば、井伊家を再興する理由は無くなってくる。

 

再興を諦めるという次郎に強硬に反対をしていた中野直之(矢本悠馬)も「城や屋敷は無くなっても井伊家は人の中に生きている」という高瀬(高橋ひかる)の言葉で考えを改める。国家というものは国民の集合であり国民の幸福を守るための機関であるはずなのに、ときに国家そのものが人格を持ったかのように振舞い国家のために国民の犠牲を強いる。国民の血を搾り取るためだけの国家であれば必要は無く、ただ国民がいればいい。これからのち、井伊家は国を持たない流浪の民族として生きていくことになる。

  

はじめての謀略

時を同じくして松下常慶(和田正人)が虎松(寺田心)を松下家の養子に迎える話を持ってくる。遠州の動乱ではフィクサー然として暗躍していた常慶だが、結局、井伊家の再興も叶わず、気賀を救うこともできずで面目を潰してしまっている。もはや兄が継いだ自分の家しか手玉が無いといえば無い。

 

虎松に井伊家を引き継ぐことが次郎法師に与えられたもっとも重要な役割だった。それは直親(三浦春馬)と政次の願いでもあった。虎松が松下の家を継ぐということは、完全に井伊家の再興を諦めるということになる。しかし、これも「戦後の新秩序」のひとつなのだろう。遠州の武士たちも徳川家が支配する新しい時代を生き抜いていくための新しい「生態系」を作りだそうと模索している。そんな中で松下家が自らの地位を固めるための施策でもあるだろう。そして、そうした秩序が固まっていくほど井伊家の再興は糸口を見つけることも困難になっていく。

 

しかし、子どもの頃から「竜宮小僧」として井伊家のために生きてきた次郎にとっては、井伊家再興を諦めることは生きる目標を無くすということでもある。龍雲丸(柳楽優弥)は「あの人はずっと人のために生きなきゃいけないんですかね」と言うが、自分のために生きろと急に言われてもどうしていいか分からないものだ。

 

南渓和尚小林薫)は「次郎が決めたことだ」と言ったそばから、そうではなく本当は自分が強いてきたのだと気付いてしまう。仏教では「あきらめる」ことは悪いことではない。執着を捨てることで開ける道もある。

 

龍雲丸はかつて、政次にとっての「井伊家」とは次郎自身のことだと喝破したが、次郎にとっての井伊家というのは家来と領民のことだった。それらを救う必要が無くなった今、次郎にとって井伊家再興は無意味なものになっている。それが分かっていてもなお、中身の無くなった井伊家再興が自己目的化したゾンビのように次郎を苦しめる。これは催眠術のようなものだ。和尚が「やめよ」とひと声かければ、憑き物が落ちたかのように次郎は自由になれる。

 

しかし、南渓自身は井伊家再興を諦めたわけではなかった。「殿でなくなった次郎の言うことなど聞かなくてよい」という理屈で虎松ひとりを井伊家再興の極秘プロジェクトに誘い込む。それとも、これは井伊家の人々それぞれに前向きに生きる希望を与えるということだったのかもしれない。そのために、ひとりひとりに合わせて「井伊家再興」を与えたり奪ったりしなければならなかったのだろう。

 

「諦めなければ負けることはない」と言う虎松と諦めることで次に進むことのできる次郎は対照的だが、どちらも前向きに生きていくためにはそれが必要だった。

 

ともかくも、虎松は井伊家再興の野望を胸に秘めて松下家に潜伏することになった。後に天下を操る軍師として活躍することになる井伊直政の「はじめての謀略」だ。

 

エピローグには早すぎる

井伊家を失い生きる目標を無くした次郎を引き取ったのは龍雲丸だった。自分のために生きるというのは簡単なことではなく、それを支えて伴走する者が必要なのだ。そこまですべてを南渓和尚は計算していたのかもしれない。

 

男が女に名前を問うことは、とても古風なプロポーズの形だ。この時代までには形骸化していたが、古い時代には娘は父、妻は夫にしか名前を明かしてはならなかった。

 

史実の直虎の事績はここで途絶える。あとは没年が寺に伝わるだけである。まさにことのとき井伊家を担う重責は虎松に引き継がれ、次郎は自分のために生きる自由を手に入れたのだ。次郎は還俗しておとわに戻り、龍雲丸とともに瀬戸村で百姓として暮らすことになる。ひとつの物語のエピローグとしては美しい。

 

しかし、物語はそこでは終わらない。乱世の戦火が再びおとわたちを襲うのである。

 

3年後の元亀3年、武田信玄松平健)が西上の軍旅を開始する。中央では、将軍・足利義昭と不和になった信長が義昭が裏で操る信長包囲網に苦しんでいた。信玄の上洛軍はそうした動きに呼応したものだと世に言われるが、そうした大義名分などはどうでもいい。関東の北条氏康が死去したことで東国の外交関係が一変。武田と北条の同盟が回復し、信玄は後顧の憂いなく大軍を西に動員することができるようになったのだ。

 

農民となったおとわも否応なく戦に巻き込まれる。それだけでなく、今後も武士の世界と関わり続けなければならない事情が発生するかもしれない。

【プロ野球】好調巨人の来季に不安あり ギリシャ破綻と同じ轍を踏むのか

レギュラーシーズンの佳境を迎えたプロ野球では、読売ジャイアンツが好調だ。勝率も5割を超え、逆転でのクライマックスシリーズ進出も視野に入ってきた。しかし、その陰で常勝軍団再建という大目標からは遠ざかっている。

 

続きを読む

【おんな城主直虎】(35)戦争と平和

第35回「蘇りし者たち」では、戦争の悲惨さが語られる。

 

虐殺が行われた気賀で、龍雲丸はただひとり瀕死の重傷で助け出され、次郎法師たちの介抱によって息を吹き返す。徳川の大沢攻めは激戦を極め、井伊家に仇をなした鈴木重時は戦死、近藤康用は重傷を負う。次郎は、鈴木のために経をあげ、近藤の怪我の治療をすることになる。大沢を降した家康は、極秘に今川氏真と会談。その結果、今川は城を去り、徳川が遠江を平定する。

 

戦争の悲惨さを描くということ

英雄叙事詩の陰に隠れた戦争の暗部を描いた回。戦国の底層に生きる弱い人々、虐げられた人々の側に立って時代を描いてきた『直虎』の真骨頂とも言える。

 

気賀の堀川城では、大沢派と龍雲党の争いのさ中に徳川軍が乱入し、敵も味方も無い乱戦の中で兵士も民も見境なく皆殺しにされる。虐殺の唯一の生き残りとなった龍雲丸(柳楽優弥)だが、仲間を失った喪失感と自分だけが生き残った罪悪感に苛まれることになる。

 

井伊に災厄をもたらした三人衆のうち、鈴木重時(菅原大吉)は大沢攻めで戦死し、まだ少年の息子が跡を継いで戦場に向かうことになった。近藤康用橋本じゅん)は一命を取り留めたものの脚に障害の残る重傷を負う。次郎法師柴咲コウ)は井伊の当主としては遺恨を持つ相手に対し、尼僧の立場では寄り添い助けることになる。武士という世俗の地位は敵味方に分かれて表層を見せようとするが、そこから離れることで世の底層に潜ることができる。そこから見える世界というのは勝ち負けではなく、戦争のむごたらしさだけになる。

 

気賀の大虐殺を行った酒井(みのすけ)は、これを必要な厳しさだと言う。その後、ただちに大沢(嶋田久作)が降ったことを見れば、酒井の策は成功だと言える。しかし、厳しさで片付けるにはあまりに人道にもとる行為だ。現場から遠く離れて弾も矢も飛んで来ず血の臭いもしない場所で、テキストからなる情報を読んで判断するなら、酒井の策は厳しくも効果的であると言うのは簡単だ。それを以て自らの冷静さと勇敢さを謳うとしても、実際には人が死ぬところを見たこともなければ想像することすらできないのだから臆病者の戯れ言に過ぎない。

 

酒井は戦国武将として現場の惨状を目撃したし、家康(阿部サダヲ)もそれを想像することができた。しかし、現代を生きる我々は、描かれなければ、それがあることに気付くことすらできないのだ。

 

次郎法師と井伊家は今まで大勢の親族を失ってきたが、今回の戦役では政次(高橋一生)のおかげで井伊家に連なる人は誰も死なずに済んだ。それでも、今までに無いトーンでこの戦争の悲惨さは描かれている。つまり、これは家族を失った悲しみではなく、より普遍的な戦争の悲しさの描写になっているのだ。

 

しかし、この打ちひしがれた戦後の状況のもとで、方久(ムロツヨシ)は薬に新しいビジネスチャンスを見出す。彼もまたこの戦争で多くを失い心に傷を負った者ではある。しかし、どん底から這い上がったこの男は、戦争の痛みから学んだものを銭のタネに変えるたくましさを持っている。殺伐とはしているが、これも戦争の後に芽を出した希望の光のひとつであるかもしれない。

 

次郎はこの時間を通して政次を失った悲しみを癒やされていく。龍雲丸を死の淵から助け、死んだ鈴木と生き残った近藤のそばに立って尽くすことによってだ。しかし、それは戦争の悲惨さと世の無常を噛みしめる行為で、本当は癒やしではなく諦めでしかないのかもしれない。

 

それでも、仏道では手放すことが悟りへの道だという。それは、簡単に受け入れられるものではないが、次郎の心に何らかの変化を与えたのかもしれない。

 

運命の人

この状況に秘かに心を痛めていたのが徳川家康だ。戦をしたいのではなく「戦をせねばならぬように追い込まれる」のだと言うが、それを避ける才能が家康にはどうやら備わっている。しかし、それが上手くいかないのは、彼には簡単に分かることを誰も気付かないし、しようともしないからだ。それは、天才ゆえの苦悩である。そして、彼の力が弱く小さいことの苦しみでもある。

 

家康は氏真(尾上松也)に和議をもちかけて、この戦争を終結させる。家康は空き城を拾う。今回も空き城を拾った。多くの場合、それは幸運の結果のように思われているが、実は今回と同じように彼が仕組んだものであるらしい。そして、天下を取るまで空き城を拾うことを繰り返す。それが戦争を避ける最良の方法だからだ。

 

氏真は「戦争ではなく蹴鞠でもめ事を解決すればよい」と言う。お花畑のような理想論であることは、言った本人も含めて誰もが分かっている。しかし、家康は自分が作りたいのはそうした世なのだと気付く。

 

戦国大名としての今川家は亡び、氏真は妻の実家の相模・北条氏を頼る。後に北条が亡ぶと氏真は品川と姓を変えて家康に仕え、子孫は旗本として幕末まで続いたという。

 

家康は氏真に好意を持っていたのだろう。辛酸をなめたとされる駿府人質時代も、家康にとってそれほど悪い思い出ではなかったのかもしれない。後に家康は駿府に居城を移し、江戸に幕府を開いた後も、駿府に戻って駿府で死んだ。今川家と氏真に対して家康は悪い感情を持っていなかったのではないか。あるいは、ふるさとに対する淡い感情を徳川ではなく今川に対して感じていて、それが氏真に対するシンパシーとなって彼を救ったのではないだろうか。

 

少なくとも家康は、徳川の当主でありながら徳川によい感情を持っていない。その居所の無さが今川に対する郷愁となって表れたのかもしれない。そして、彼が三河を離れて浜松に居城を移すのも同じ感情からだろう。「厭離穢土欣求浄土」というのは家康の馬印に掲げられた言葉だが、現在置かれた環境からの逃避願望をはらみながら、どこまでも理想を追い求めていくという家康その人の姿をよく表しているのではないか。

 

家康は生涯、徳川家臣団に手を焼き続ける。彼らは勇猛さと愚直さで世に恐れられ、家康を多いに助ける一方で、彼をひどく傷つけ心を悩まさせることになる。それで家康は自分と同じように考える者を傍に置きたいと思ったのだろう。戦を避け、人が死なずに済むように、知恵を絞ってあらゆる手段を尽くす者を。

 

そして、それはかつて政次が井伊を守る策として直虎に語った言葉と同じだ。直虎と政次と同じ思いを家康も秘かに抱き、同志を探し求めている。だから、家康が求める者は直虎の心と政次の知恵を受け継いだ者でなければならない。運命はこのときすでに定められていたのだ。

 

 

リビング・エニウェアを読み解く 都市の発展形と共同体の再構築

リビング・エニウェアというバズワードを軸に、これからの課題を整理してみました。リビング・エニウェアとは、土地や土地に関連付いた設備や機能などに縛られず、主体的に選択しながら世界中の住みたい場所に住んでいく、といった考え方です。

まず、リビング・エニウェアが都市の拡張であることを示し、そこから派生する問題が都市と農村の間の既知の問題の発展形として予測します。そして、それらの問題の論点を整理していきます。

 

続きを読む