読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

汽水域 Ki-sui-iki

ローカルとオルタナティブ 浸透し混じり合うところに生まれる生態系

【おんな城主直虎】(19)無縁・公界・盗賊

第19回「罪と罰」では、ついに旅の男の正体が発覚する。

 

井伊領と目付の近藤の領地で何者かに木が伐採される。犯人を捕らえると、直虎もよく知る「旅の男」だった。家臣たちは死罪を主張するが、直虎は拒否。しかし、男は脱獄して姿を消してしまう。そんな時、直親の娘と名乗る少女が訪ねてくる。

 

盗賊の自由

旅の男(柳楽優弥)が盗賊だったことが、ついに明らかになった。ストーリーの本筋と関係無く、話をかき回すコメディリリーフのような役柄だ。今後、ストーリーの中心に関係してくることがあるのか、それとも、このままでいくのか。

 

物を盗めば盗人で、国を盗めば英雄になる。戦国乱世に盗みを裁くのは滑稽のようでもあるが、事実としては戦国の武士の世界は秩序に依っている。井伊氏は今川の傘下にあり、その今川は守護という室町的権威を背景に拡張した。井伊の家臣たちは直虎(柴咲コウ)に仕え、隣接する近藤領とも取り決めがある。乱世といえど、無法というわけにはいかない。

 

同じ今川の領内でも、隣接する井伊と近藤(橋本じゅん)がそれぞれに警察権を持っている。そして、それは複雑な境界線で囲まれた狭い領地の外側では行使できない。近藤領で罪を犯した者が井伊領に逃げ込めば、捜査はできず引き渡しを求めることしかできない。法律も領地によって細部が微妙に異なるし、犯人の処罰が要求通りに行われないこともある。時には、故意にかばい立てをして、領主間の不和の種になることもある。

 

同じ日本というよりも州によって法律が異なるアメリカのような世界だ。戦国大名は領内どこでも通用する法律として分国法を制定。いわば、連邦法のようなものだ。しかし、FBIのように境界を超えて広域に捜査をする機関は存在しない。

 

厳密には武士の領地は面としては存在しない。経済基盤である村と田畑は厳格に管理されるが、そこから離れたところではルーズになる。そのため、入会地である山、水資源である川など所属が曖昧な場所が争いの種になりやすい。今回は、尾根を境に近藤領と井伊領が分かれていたが、「山を境に」のようないい加減な境界もままある。

 

境界が曖昧なところは、武士の権力の及ばない治外法権の土地となって、流れ者が棲みつくこともある。たとえば、川の中州のようなところ。こうした場所から中世の都市の多くが発生している。南蛮貿易で栄えた巨大都市が「堺」というのも偶然ではあるまい。

 

都市の住人は武士や農民など村の人間から見れば流れ者だが、実際には、商人がいたり、職人がいたり、芸能者がいたりする。もちろん、彼らは流れ者と紙一重であるし、もう一枚めくれば盗賊かもしれない。

 

「海賊」と呼ばれる人々も、たいていは海上流通業者だ。時に請け負って荷を運び、時にはそれを襲撃する。

 

つまり、この頃の日本には、「誰のものでもない場所」が存在した。そして、「誰かの場所」の合間を縫って存在するその世界に身を置いて、誰にも縛られない自由を享受する人々がいた。盗賊もまた、そうした人々の仲間なのだ。

 

境界の領主たち

井伊谷三人衆のうち、近藤氏は唯一、遠江に本拠地を持ち、井伊領に隣接した領地を持っている。井伊と縁続きの鈴木氏は奥三河。菅沼氏は遠江に領地を持っていたという説もあるが、本貫は西三河で、一族の中には徳川に仕える者もいる。

 

彼らは今川の目付として井伊を監視する任を負っているが、一領主として今川の行く末に不安を持ってもいる。もともと、西三河遠江は徳川と今川の境界で、政治的に非常に不安定な地だ。そして、甲斐信濃の武田氏との国境でもある。今川と武田が手切れになれば、三国の勢力が衝突する危険地帯となってしまう。

 

三河の有力豪族・奥平氏は、のちに家康の娘をもらい江戸期には幕閣の中枢を占めることになるが、この時期は山深い奥三河の地の利を頼り、徳川と武田を両天秤にかけて独立勢力然としている。

 

そして、直平(前田吟)や中野直由筧利夫)の死の遠因となった引間の飯尾氏の反乱は、この頃までまだくすぶり続けている。

 

武田領の伊那谷は、かつて直親(三浦春馬)が亡命していた土地だ。ここは遠江から天竜川をさかのぼった場所で、山の幸と海の幸を交換する交易が行われるなど古くから国境を越えた繋がりがある。そうした背景から、井伊氏と伊那谷の領主たちにも交流があった。

 

また、三河の鈴木氏は直親の母方の実家にあたる。

 

こうした戦国大名の版図を越えた領主同士の私的な交流は頻繁に行われていたし、境界の領主たちにとっては、まさかの時に役立てる必要不可欠な政治活動だったのだ。

 

【おんな城主直虎】(18)「わたしは嘘つきです」という嘘

第18回「あるいは裏切りという名の鶴」の元ネタは、「あるいは裏切りという名の犬」という2004年のフランス映画です。

 

鉄砲密造の申し開きのため、駿府へ向かった直虎と政次。しかし、方久が先回りして氏真に鉄砲を提供していたため、直虎はおとがめ無しに。南渓和尚から渡された兵法書を読んだ直虎は、政次の「策」を見抜く。直虎に井伊を守る策を尋ねられた政次は、「戦わない道を選ぶ」と答え、直虎もそれを受け容れる。

 

英明君主・氏真

駿府に先回りした方久(ムロツヨシ)は、今川の当主・氏真(尾上松也)に鉄砲を売りつけ、井伊領での鉄砲開発は今川家に提供するためだった、と言い逃れ、直虎(柴咲コウ)への嫌疑を解くのに成功する。さらに、方久は今川家から資金提供を受け駿府での鉄砲開発を行う許可を得る。いわば、政府系投資ファンドから投資を受けたスタートアップ・ベンチャーのようなものだ。

 

井伊領での鉄砲開発は、井伊家からの資金援助は期待できないし、鍛冶師も腕がいいとはいえ限度がある。それに対して、今川は全国屈指の大大名で駿府も東国一といってもいい大都会だ。今川の大資本と都市に集まる工人の高い技術力を利用できる。そして、都市ならではの先取の気風は新技術の開発に欠かせない。

 

結果的に駿府での鉄砲量産の成否については歴史に譲るとしても、西国・畿内に比べて新技術の受容が遅れた東国においては野心的な試みと言えるだろう。この頃、近隣には武田信玄上杉謙信北条氏康といった戦国の名将がいたが、鉄砲の導入はそれほど進んでいない。しかし、20年後の戦場のあり方を見れば、鉄砲中心戦術への移行は時代の流れといえる。

 

その意味では、鉄砲量産への投資を即断した氏真の決断力は素晴らしい。ミーハーのように見えなくもないが、時代の最先端を行くことは、それと紙一重。風を掴んで感性で飛び乗るのだ。経験と駆け引きが必要な外交は、祖母の寿桂尼浅丘ルリ子)に頼らなければならないが、新しい技術や文化の導入には氏真の若い感性が力を発揮する。

 

史実の氏真も決して暗愚な君主ではなかったと言われている。この頃、駿府楽市楽座が行われたという記録がある。

 

楽市楽座は教科書的には織田信長の印象が強いが、実際にはこの頃、全国各地の大名が実施したトレンド最先端の商業政策だった。

 

都市に商工業者を誘致し、活動の自由を保障することで経済活性化を図る政策であるとともに、戦国大名の権力を拡大する政治的な政策でもあった。

 

座というのは、いわば商工業者の互助組合。寺社の権威を背景に、商工業の安全を確保するとともに、新規参入者を排除するなどして市場の寡占を行った。それと同時に新興の自由都市に対する世俗権力(大名)の介入を拒み、裏では政治的権力を持つ大寺社の資金源となっていた。

 

したがって、座を解体し都市への支配を拡大することが、大名が領国を一円支配し権力を増強するために欠かせなかったのだ。

 

蹴鞠をたしなむなど京風の文化に親しんだのも、やはり文化振興策の一環だろう。軟弱というそしりには、徳川時代質実剛健指向のフィルターがかかっている。

 

この時代は商工業が急速に拡大し、都市の重要性が高まっていた。そして、都市に人と富と技術を引きつける引力として文化が必要になる。その旗振り役として、氏真は一流の文化人でなければならない。

 

室町時代から、西国には中国の宋や朝鮮半島、そして南蛮(ポルトガル)からの進んだ技術や文化が継続的に移入された。それらを受容する東国の窓口に駿府をしなければならない。そのために、人を呼び込むには、文化を中心に据えなければならない。

 

2番ではダメだ。人が集まるところに人は集まる。デファクトを取った都市が雪だるま式に総取りをするからだ。

 

京の公家文化は決してノスタルジーではない。古い和の文化と外来の文化の対立構造は幕末以降の話だ。例えば、幕府奉公衆出身の細川幽斎は和歌の古今伝授を受けた京文化の担い手であると同時に南蛮文化にも造詣が深かった。彼を中心に堺の商人と京の公家衆を含んだグループが信長のブレーンとして活躍した。

 

氏真が鉄砲の導入を即断できたのも、京から多くの文化人を招き、時代の風を感じ取っていたからだろう。

 

ユージュアル・サスペクツ

「敵を欺くには、まず味方から」という政次(高橋一生)の策にようやく気づいた直虎。しかし、南渓和尚小林薫)の言うように、気づいたことを気づかれたら策が破れてしまう。量子のスピン状態を観測しているかのような状況だ。

 

直虎に求められるのは、「気づいたことを誰にも気づかれないようにしながら、政次を信頼する」という態度だ。しかし、政次はそれをすぐに察してしまう。政次は、「気づかれたことを気付いていない振りをしながら、しかし今までとは違って信頼されているという前提で直虎を動かす」ことが求められる。あまりにも複雑でよく分からない。

 

ロミオとジュリエットでさえ二人きりになれば、本当の気持ちを話せただろう。直虎と政次にはそれすら許されていない。

 

それでも、今まで反目し合っていた二人の協力関係が整った。しかし、そんなときこそ、魔が多い。今までもそうだった。

 

武田家では氏真の義弟にあたる嫡男・義信が失脚。今川との同盟関係に亀裂が入る。武田の甲斐は遠いように思えるが、天竜川をさかのぼった伊那谷も武田領だ。ここは、かつて直親(三浦春馬)が亡命していたところ。遠江の国衆たちへも武田への鞍替えの誘いがあっても不思議ではない。

 

そして、徳川家。三河を統一し、遠江に野心を見せる。彼らは直親を見殺しにしたように、外の者に対してはひどく冷淡だ。今川の敵が井伊の味方とはならない。

 

政次は直虎の身を案じて後見から退くように謀ってきたが、実は政次の方が危うい。今川の目付の立場は今川あってのことだ。今川が倒れれば、政次は居場所を無くすだろう。そうなれば、井伊家が助かるための生贄としてうってつけになってしまう。

 

政次が助かるためには、今川が健在であった方がいい。しかし、今川は傾きつつある。政次は、井伊を救うため、時が来れば冷徹に今川を切り捨てるだろう。ただし、それが直虎の名のもとに実行されるなら、政次は失脚し裏切り者として制裁を受けなければならないだろう。

 

おそらく、すべてを悟ったつもりの直虎もそのことにはまだ気づいていない。一方、政次はそのつもりでいる。直親を見殺しにしたときに、そこまで決めてしまった。そして、政次がいなくなったときにこそ、直虎が生きていなければならない。

 

それが全貌だ。直虎がそれを知るとき、政次はもういない。

 

【おんな城主直虎】(17)そして父になる

第17回「消された種子島」は副題に反して虎松中心のエピソード。

 

直之に種子島(火縄銃)を見せられた直虎。高価で買えないため、領内で生産しようとする。一方、何をやっても年長の子どもたちに敵わない虎松は不登校に。直虎の努力もあり、どうにか手習いに復帰する。そんなとき、何者かに種子島が盗まれる。犯人は政次で、種子島の製造は謀反の疑いを招くとして、直虎に後見の交代を迫る。

 

種子島

鉄砲の伝来は天文11年(1542年)のこと。直親(三浦春馬)の父・直満(宇梶剛士)が謀反の疑いで命を落としたのと同じ頃だ。鉄砲はポルトガル人によって種子島にもたらされ、20年以上たったこの頃には、日本全土でよく知られた存在だった。したがって、本物を初めて見たというなら田舎の話で済むが、初めて知った直虎(柴咲コウ)は城主としては不覚すぎる。

 

全国でよく知られた鉄砲だったが、戦場で有効に活用されるには時間がかかった。まず、重くて扱いに習熟が必要で、発射から発射まで時間がかかり、雨が降ると火縄が湿気って仕えない、など非常に制約の多い武器だったことが理由にあげられる。つまり、個人として扱う武器としてはあまり役に立たない。

 

ただし、扱い方を覚えてしまえば個人の能力と関係無く一定の力を発揮できるので集団戦には向いている。ところが、鉄砲自体が非常に高価で慢性的な品薄であるため、大量に買いそろえることは困難だった。そして、鉄砲の集団戦術には軍制の改革も必要だ。強い経済力を持った大名が直営の専業兵団を抱えないことには難しい。井伊氏のような中小の武士団が自前で調達した武器と兵士を持ち寄る状態では集団戦術のボリュームメリットは出しにくい。

 

これらの問題が解決する安土桃山期以降には、鉄砲の斉射は戦場に欠かせない重要な戦術になっていく。長篠の戦いの「鉄砲三段撃ち」は、宣伝されているほど効果は無かったという説もあるが、鉄砲は戦場での存在感を着実に高めていっていたのは間違いない。

 

鉄砲は伝来以降、すぐに国産化が始まる。鉄砲は多くの部品を組み立てた「機械」なので、従来の日本の金属加工品とは発想が異なる。したがって、腕のいい刀鍛冶なら誰でも作れる代物ではないが、全国各地で生産が行われた。

 

鉄砲の生産地としては、近江・国友村が有名だが、種子島から一気に全国に広がり、さらに生産地を押えた大名が鉄砲を独占して強い力を示したという話は織田信長以前には聞かない。おそらく、鉄砲の生産と流通は大名の権力から独立した商工業者の手によって行われていたのだろう。したがって、領主自ら鉄砲の生産を推奨するという直虎の姿勢は、時代の最先端を行っている。

 

父親のいない子ども

虎松(寺田心)のエピソードは直虎の幼少期のエピソードの焼き直しだ。つまり、「勝つまで何度も続ければ、最後には必ず勝てる」という教えだ。単純なネタも子役がやる分には嫌みになりにくい。

 

しかし、このエピソードでもっとも重要なのは、「直虎は父親の代わりをしている」と看破したあやめ(光浦靖子)の言葉だ。

 

この物語には「父親のいない子ども」がたくさん出てくる。戦国時代なので、父親が死んでいる場合が非常に多い。それだけでなく、さまざまな理由で父性を享受できずに育った子どもも多くいる。そう考えると、この物語は父親の欠落とそれを埋め合わせる物語として解釈できるかもしれない。

 

小野の亥之助には、伯父である政次(高橋一生)がいる。それに対して、女性に囲まれて育った虎松には父親の代わりがいなかった。しかし、親族でもなければ男性でも無い直虎が父親の役割を引き受ける。これは、とても興味深い。

 

虎松の母しの(貫地谷しほり)の心理はとても微妙なものがある。直虎との確執は本家と分家の間の政争とも解釈できる。また、政治によって虎松をその人格ではなく「跡継ぎ」という性質だけで捉えられ、取り上げられてしまうことに対する母親としての怒りと拒絶のようにも見える。

 

これから、井伊家を襲うであろう数多の苦難の中で、直虎としのは虎松を巡ってまだまだ衝突を繰り返すことになるだろう。しかし、「お家のため」という大義を振りかざす直虎の姿に非人間性を認めて抵抗するしのの視点があることは、とても重要な意味を持つ。

 

政次に死角は無いか 

鉄砲の製造を見つけた政次は、それをネタに後見職を譲るよう直虎に迫るが、その真意は今川の追求から直虎を守ることにある。寿桂尼浅丘ルリ子)が病に伏したことで、今川家中の政治バランスは非常に不安定になっている。確かに寿桂尼は強大な敵だが、それが秩序をもたらしていた。むしろ、重石がとれて不相応な権力を手に入れてしまった愚かな小物の集団によってもたらされる無秩序の方が恐ろしい。突発的にありえない事態が起こりえる。いわば、赤ん坊に銃を与えるようなものだ。そして、今川が衰えたとはいえ、その力は井伊を潰すには十分だ。

 

駿府の空気を肌で感じた政次はそのことを恐れている。政次の政治姿勢は、強大な今川の力から井伊を守ることだ。

 

しかし、政次は今川の内側に入り込みすぎ、今川内部の政治だけしか見えなくなっているのではないか。直親を惨殺された記憶から今川の力を過分に恐れてしまっていないだろうか。かつて直親と語らったように、今川から離反するという選択肢を持つことができるだろうか。今川ばかりを見ていると、その外側からの巨大な変化の波にひねり潰されてしまう。

 

今川の味方のふりをして井伊のための壁になるという政次の戦略は今川=井伊という二者の争いを想定したものだ。ここに第三の勢力が現れたとき、政次の立ち位置が裏目に出るのではないか。

 

井伊谷の外には今川の世界があり、さらにその外にも世界がある。そして、世界は激動をしている。井伊谷の中にいると、そのことになかなか気づくことができない。

 

【おんな城主直虎】(16)ツンデレはつらいよ

第16回「綿毛の案」では、ついに政次が直虎を助ける。

 

方久の提案で瀬戸村で木綿を栽培することにした直虎。しかし、戦乱の後遺症で人手不足が甚だしい。近隣の目付に百姓を借りに行くが案の定、断わられる。

 

たまたま出会った水浴びする男に「人を買えばよい」と言われ、安く買える場所を調べに旅人の集まる方久の茶屋に向かう。直虎を追ってきた政次は「噂を集めるより噂を流す方が早い」と言い残して去る。葛藤を乗り越え政次の策に乗った直虎。これが見事に成功し、井伊谷には各地から逃げ出してきた百姓が多く集まってきた。

 

続きを読む

【おんな城主直虎】(15)デッドマン・ウォーキング

第15回「おんな城主対おんな大名」では、直虎が寿桂尼と対決する。

 

寿桂尼が直虎を駿府に呼び出し、誰もが直親の最期を思い出す。政次は直虎に井伊の後見を自分に譲るよう迫る。道中、今川の刺客に襲撃された直虎は駆けつけた直之に救われた。直虎は、後見を政次に譲り井伊谷に戻ると見せかけ、直之になりすまし駿府へ急行、寿桂尼との対面を果たす。そして、瀬戸・祝田両村の百姓の嘆願もあり、井伊の城主として認められる。

 

続きを読む