読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

汽水域 Ki-sui-iki

ローカルとオルタナティブ 浸透し混じり合うところに生まれる生態系

もはや殿堂入り!? 日本一の美肌県・島根の秘密

県の名前より出雲大社の方が有名といわれる島根県出雲大社は縁結びの神さまということで、「縁結び」と「女子力アップ」の聖地として多くの女性観光客が訪れるようになっています。

 

実は島根県には、もうひとつ、女性に嬉しいポイントがあります。それは、日本一の「美肌県」ということ。

 

化粧品メーカー、ポーラが主催する美肌県グランプリでは、2011年から15年まで4年連続で全国1位。しかも、さまざまなパラメータがある中で、「生活習慣」は毎年30位台。つまり、美容に手間とお金をかけなくても美肌を保てる天才型の美肌県といえます。こうなってくると、もはや、美肌県の殿堂入りといっても過言ではありません。

 

なぜ、島根県は美肌日本一なのか。そのポイントをまとめました。これから観光で訪れる方も要チェックです。

f:id:daichi76y:20161213221909j:plain

 

 

あとで文句の出ないように言っておきますと、2016年の美肌県グランプリでは、残念ながら島根県は2位。1位は広島県でした。

 

しかし、その原因としては「異常気象により、広島県を含む瀬戸内海地方の日照量が少なく、肌にやさしい気候だったため」とのこと。毎年、天候不順では農林水産業の方が困りますし、島根県の美肌レベルが全国トップレベルであることには変わりはありません。

 

それでは、島根県の美肌の秘密を見て行きましょう。

 

1 気候が肌にやさしい

紫外線と乾燥はお肌の大敵です。毎日、カラリとドピーカンというのは気持ちはウキウキするかもしれませんが、肌へのダメージは甚大です。

 

日本海側に位置する島根県は、夏の日射しも厳しくなく、日照時間もそれほど多くありません。つまり、雲が天然の日傘になってくれるわけです。そして、夏でも冬でもほどほど湿度があり、肌を乾燥から守ってくれます。

 

「暗くじめじめして陰気な印象」という人もいますが、実はお肌にやさしく過ごしやすい気候なのです。

 

出雲大社の「出雲」は「雲が出づるところ」と書きます。その名の通り、季節の変わり目には、山から靄が上がっているところが見えたり、朝は霧に包まれたりと、まさに「雲」をわき立つ神秘的な光景を見ることができます。

 

これも、水が豊かで気候がやさしい島根県ならではのこと。美しい肌をつくる水と雲の恩恵が形になって現れた光景ともいえるでしょう。

 

 2 美肌温泉

島根県には60以上の温泉があり、それが隠岐の島を含む県内全域に散らばっています。

 

しかも、この温泉の泉質が美しい肌をつくる美肌温泉なのです。島根県の温泉はほとんどが弱アルカリ性単純泉などの刺激の弱いまろやかな泉質。ゆっくり浸かることで、肌に潤いを供給し、肌表面のキメを整えるといわれています。

 

関東地方の温泉は、ほとんどが火山性の温泉。硫黄など刺激の強い成分が多く含まれるため、神経痛などの病気怪我にはよく効くといわれますが、長く入っていると湯あたりを起こしてしまいます。つまり、効きすぎるわけですね。

 

その点、島根県の温泉は、肌の成分に近いやさしい泉質なので、ゆっくりと浸かることができます。

 

玉造温泉では、温泉の湯を「天然の化粧水」として、無料で汲めるようにしてあります。

 

島根県出雲市には、日本三大美人の湯のひとつ、湯の川温泉があります。そして、もう少し、山奥に入っていった奥出雲町には日本三大美肌の湯のひとつ、斐乃上温泉があります。どちらも有名な観光地からは少し離れていますが、その分、隠れ家的な風情があります。

 

観光地に近いところでは、玉造温泉がおすすめです。女性向けの雑貨店や、縁結びスポットもたくさんあり、湯上がりに川沿いの温泉街をぶらりと歩くのが楽しい街になっています。

 

松江温泉は松江の市街地にあり観光にとても便利。しかも、宍道湖のほとりにあるので景色がとてもよいところです。

 

他にも、名湯、秘湯がたくさんあります。

 

3 食べて身体の中から美肌

魚を一匹まるごとしょう油とみりんで煮て食べる煮魚の文化も、美肌の秘訣といわれています。

 

魚にはDHAEPAが多く含まれている他、皮や頭の部分にはコラーゲンが豊富に含まれています。これを煮汁でしっかり閉じ込めて食べることで、肌をきれいにする成分を効率的に摂ることができるのだとか。

 

島根県出身の世界的テニスプレイヤー、錦織圭選手の大好物として有名になったノドグロ日本海の海の幸。

 

最近は高級魚となってしまったノドグロ。東京で煮物を食べようと思うと、とんでもない値段になってしまいますが、島根で食べれば、獲れたて新鮮でちょっとお値段もやさしめになります。

 

それから、宍道湖名産のシジミを使ったしじみ汁にも美肌効果があります。シジミ成分が二日酔いに効くという話をよく聞くようになりましたが、シジミに含まれるオルニチンには肝臓の機能を助ける効果があるとされ、代謝をアップし内側から肌を美しくします。

 

最後に、出雲そば。東京や信州のそばよりも黒っぽいのが出雲そばの特徴ですが、これは「挽きぐるみ」といって蕎麦の実の甘皮も一緒に挽いて粉にするのが理由です。つまり、お米でいえば玄米のようなもの。その分、ポリフェノールをはじめとしてさまざまな栄養成分がそばに含まれており、こちらも身体の中から肌を美しくしていきます。

 

 

美肌のためには、島根県に住んでしまうのがいちばん早いかもしれませんが、上にあげた3つの要素をきちんと押えれば、旅行で美肌も可能ではないでしょうか。

 

温泉と美味しい食事、楽しんで美肌になれる島根旅、いかがでしょうか。